まずはきちんとゴミを分別することから始めよう

3R実践のためにまずはゴミの分別から種類を知ること

分別はされているが一向に減らないゴミの量

わが国日本の人口の増加に伴い数十年前から見るとゴミの排出量はどんどん増加し、2000年をピークに徐々に減少はしておりますが、分別ゴミに関しては一応の成果を見せているものの、全体のゴミの総量から見た場合焼却ゴミやエネルギー化の量が依然増加中でなかなかゴミの量は減りません。
大きな原因は近年増加の一途をたどっている食品の食べ残しやコンビニから出る食品廃棄が異常な数字に達し、分別で減ったゴミを圧迫しており、ゴミの総量は逆に増えているという現状になっています。
これらのゴミは焼却処理でしか片付けられないので、結果として埋め立てということになり、ただでさえ狭い国土を占拠しておりあと数十年で埋め立てに関してはパンクするといわれております。

焼却ゴミやエネルギー化ゴミの急増

この焼却処理やエネルギー化の方針は日本がダントツの世界一で、逆にリサイクル率に関しては世界の最低基準になっている現状です。
リサイクルに関しての法制化に関しては世界でも上位にある国が一体どうしてこういったことになるのでしょうか。
この原因のひとつには法制化のあいまいな点とリサイクル商品をあまり利用したがらない国民の消費動向にあると思います。
食品トレイを使用する食品をあまり買いたがらない傾向や、買い置きで済むものを買いすぎて結局食品は行き来を増加させてしまっているきらいが日本の国民には強いと感じます。
こういった消費の仕方をしていてさらに外食による食べ残しやコンビニに代表される証意味期限逼迫品の食品廃棄などがリサイクル品の利用を減らしている要因になっていると感じます。


この記事をシェアする