まずはゴミの分別から!ゴミの種類から知る3Rについて

まずはきちんとゴミを分別することから始めよう

3R実践のためにまずはゴミの分別から種類を知ること

毎日の生活の中で出るのがゴミですが、最近は分別も行なわれているようですがまだまだゴミ自体の量としては決して減っているわけではありません。 日本は特に食べ残しなどのゴミ排出量が増加の傾向にあり、処理が焼却になってしまうゴミが一向に減らない状況にあります。

ゴミ分別の現在に関しての普及度

さて日本の現在のゴミの処理状況を見てみると、リサイクル率が非常に低いことと、さらに焼却やエネルギー化が占める部分というのがまだまだ高いことが分かります。 これは分別意識がまだまだ浸透していないことを表しているもので、ゴミを打差に亜ようにする意識が足りていないことも明らかにしています。

3Rを良く知ることで分別やゴミの種類に関しての知識が身に付く

これからの社会に求められることは、分別をすることはもちろんですが、もともと不必要なゴミを出さないようにするというリデュースという考え方を実践して行く事がもっとも重要とされていて、さらに同じものを使いまわしていくリユースという考え、そして物を再利用するリサイクルという考えが大事です。

まだまだ少なくならない毎日のゴミの量

日々ごみは増えていきますが、我々の国日本においてはリサイクル用のものと埋め立てゴミはしっかり分けられている現状があります。
しかし日本の最大の問題はゴミの大部分がどう処理されているかの問題が大きく、全体の70%以上のゴミが焼却処理やエネルギー化のよって処理されているのは大きな問題といえます。
なぜならリサイクルのできない処分のゴミをこの国は70%以上の量を出し続けている訳で、これは全体のゴミ自体の減量化に取り組んでいないことの証明になります。
つまりわが国では本来であれば捨てる必要のないごみを大量に捨てて焼却処理から狭い国土に埋め立てているわけです。
これはどこかで破綻を迎えてしまう問題といえ、早急に取り組みをしないと日本の国土は大変なことになってしまいます。
今わが国が真剣に取り組まなくてはいけないことは、不必要なゴミは排出しないリデュースという行動、使えるものは繰り返し使うというリユースと言う行動、それにリサイクルを加えた3Rという行動を実践する事が最も大事になってきます。
特に日本で多い不用なごみは食べ残し、まだ使える電気製品などが筆頭に挙げられますが、これらについては国民の意識が非常に低く、絶対に改革しなければいけないことになります。
3Rの活動の一番の基本はこの不用なゴミを出さないリデュースという行動になりますのでここが改善されない限りは日本のゴミの量が減ることはないでしょう。
このサイトでは3Rの意義をまずはゴミの種類から知ることに焦点をあて調べてみましょう。